三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

挿入歌で振り返るラブライブサンシャイン(2期)

 やるってチラっと言った気がするけど挿入歌よりサントラ聞くのに夢中になったりバタバタしてたりでなかなかできてなかった挿入歌のレビューというほどのやつでもないアレ、やっと挿入歌聞いたり時間ができたりしたので今更ですがやってみようと思います。更新していない間にいつの間にかこのブログにも90日以上更新していないブログに表示されるとかいう広告が挟まれていましたね。

 

 

未来の僕らは知ってるよ

 2期主題歌。最初聞いたときちょっとだけ違和感覚えたけどアレだ、PPPH入らないからだ。”ハートの磁石を握って走る”って歌詞がいいよね。

 μ'sの主題歌が”僕らはの中で”だったり”残された時間を握りしめて”だったのに対してこの曲は”未来の僕らは知ってるよ”。最後までやり遂げて今が最高!と物語を締めくくった女神たちの物語に対してサンシャインは輝きを探す女の子たちの物語。だから千歌たちの物語はラブライブが終わっても続いていくし夢の形を探して駆け続ける。泣いたり笑ったり、そんな毎日にこそ輝きがあって、それこそが彼女たちの"LoveLive Days"だから。

 

勇気はどこに? 君の胸に!

 1話からエンディングが公開されたのはこの曲が初めてなはず。

 私たちの輝きはそこに、勇気は君の胸に。ラブライブの主題歌は歌詞が物語と密接につながっていていいですね。一度はスクールアイドルを諦めた子たちだったり予選で負けたり廃校を阻止できなかったり……何度失敗しても夢は消えない。やり残したことなどない、そこまではまだ遠い、だから僕らは頑張って挑戦だよね。そんな歌詞からもサンシャインの”未来”を感じる。

 この曲が最後に流れた回は浦の星女学院一同のバージョンでしたね。μ'sのどんなときもずっとが最後に流れたのが9人だけの海を見に行った回だと思うとここにも無印とサンシャインの”みんなで叶える物語”の違いを感じます。

 

MY舞☆TONIGHT

 イントロから流れる和楽器の音に黒澤ダイヤを感じる。前回アレだけ騒いでおいて結局ダイヤに作曲を押し付けたのか。衣装を作ったのもルビィだし1,3年生の曲を作ったのは最終的には黒澤姉妹だったのか。

 

君のこころは輝いてるかい?

 1期の最終回で最後にこの曲のタイトルをセリフにしてたからまさか劇中でこの曲が流れるとは思わなかった。

 この曲に入るまでの流れはライブのときの幕間ドラマみたいだよね。Tシャツも1stのライブTシャツっぽかったし。3rdでトロッコでスタンド席回ったりでもしてくれないかな。

「キセキは起こるのかな?」「起こるよ、だって虹がかかったもん!」ステージに飾られた虹は手書きの偽物。手書きの流れ星に願いをかける鞠莉ちゃんを思わせますね。

「だって僕たちはまだ夢に気づいたばかり」とリスタートしたAqoursを思わせる曲。

 

MIRACLE WAVE

 3年生がかつて失敗したという大技。いや、なんでアレで怪我したのが果南じゃなくて鞠莉だったんだろう。しかも手じゃなくて足? この曲といいAwaken the powerといい2期はライブで盛り上がりそうな曲が多い。

 

Awaken the power

 この曲の感想っつーかアレはルビィ回の記事で書き尽くした感があるからなあ。というかこの曲以降はだいたいもう書いた感があるんだけど。函館までは行けないけどLVは行きたいねえ。セイントスノーが出てくる機会もさすがにもうないだろうし。

 

WATER BLUE NEW WORLD

 2期の衣装はだいたいルビィはデザインしてたっぽいけどこの曲のは珍しく曜ちゃんがデザインしたように感じる。お姫様っぽい衣装がシンデレラっぽいというかラブライブという舞踏会にやってきた田舎娘って感じでいい。

 珍しく千歌が髪飾りをつけていない衣装。未来のことに臆病にならなくていいんだよ、普通でもそうじゃなくてもあなたはありのままのあなたでいいんだよという曜からのメッセージを衣装からも感じる。

 

WONDERFUL STORES

 三つ葉のクローバーの髪飾りをつけたまま踊る普通星人が最後に見られてよかった。そのことについては以前散々書いたんだけど。

konohachanjp.hatenablog.com

konohachanjp.hatenablog.com

 青い鳥は最初からいた、私たちの輝きはそこに。でも輝きが最初から自分の中にあったということとそれが何なのかわかるということはまた別の話なわけで。ラブライブサンシャインの物語はここで幕を下ろしますが高海千歌たちのそれぞれの物語は続いていくし彼女たちはこれからも夢の形をさがして泣いたり笑ったりしていくのでしょう。やり残したことなどないと言える日を目指して。

 

今までのやつ

konohachanjp.hatenablog.com

konohachanjp.hatenablog.com

konohachanjp.hatenablog.com

konohachanjp.hatenablog.com