三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

"ちゃん"としたダイヤさん(ラブライブサンシャイン2期4話感想)

 4話、ダイヤ推しのとっては待ちに待ったダイヤさんの担当回、みんなともっと距離を縮めたいダイヤちゃんのお話でした。

 予選の結果を見る場面からスタートします。

f:id:konohachanjp:20171102075000p:plain

 相変わらずショボいな、ラブライブ大会公式のサイト。予備予選の会場が決まったり毎回新曲用意しなきゃならなかったりと無印の頃と比べるとお高く止まっている印象のあるラブライブ運営ですが、公式サイトのフォームは無印の頃から進歩していないようですね。

 

 

f:id:konohachanjp:20171102075621p:plain

 千歌がダイヤにハイタッチを求めます。ダイヤのもっと仲良くなりたいという願いは実はもうアバンの時点で叶っているんです。メンバーの中で唯一勝利を疑っていなかった千歌がハイタッチを求める。最初から勝利を疑っていなかったのだからテンションが上がりすぎて、というわけではないでしょう。大好きなダイヤさんと喜びを分かちあいたいからこのような行動に出たのです。

f:id:konohachanjp:20171102080223p:plain

 御縁は最初からダイヤの目の前にあったのです。あとはダイヤから手を伸ばすだけ。

 

 金がないということで金を稼ごうとするAqoursの皆。

f:id:konohachanjp:20171102081425p:plain

 小原家の力を借りるわけには行かないからと言って家の銅像をパクって売ろうとする鞠莉。ロックです。鞠莉のハードロック好きの設定がここで回収されましたね。

 

 アルバイトを通して距離を縮めようとするダイヤですが、ダイヤはなんでもついついちゃんとこなしてしまいます。鞠莉の「みんなそう思うから、ダイヤもそう振舞わなきゃってどんどん距離をとっていって」という発言が気になるところです。

 ダイヤは自分の役割を果たそうとする人です。最初の頃は中途半端な気持ちでスクールアイドルを始めて傷つく人が出ないように厳しく接していましたが、東京から帰ってきた千歌たちのことはわざわざ駅まで迎えに来て優しく受け止めます。未熟DREAMERは3年生の話でしたが、ダイヤはあまり表に出ようとはしませんでした。ダイヤ役の小宮さんもダイヤの家で鞠莉と話すシーンでは感情を抑えてしゃべったと言っていましたね。鞠莉と果南が決着を付けるから、自分の役割は2人の背中を押すところまでだとダイヤは去ろうとしたのです。

 G's版のダイヤは黒澤家のために生きています。特典小説では自らのことを生贄と言うほどです。「黒澤家にふさわしいのは勝利のみ」だからG's版のダイヤは勝気な性格なのです。

 黒澤家のために生きているG's版のダイヤは勝気な性格で、幼い頃から鞠莉と果南に振り回されてきたダイヤは保護者のようになっていきます。ダイヤの媒体による性格の違いは、彼女に与えられた役割の違いによるものでしょう。どちらのダイヤも、自分に与えられた役割をこなそうとする人なのです。

この辺りは1期の頃にも書いたのでよかったらこちらも。

konohachanjp.hatenablog.com

 

f:id:konohachanjp:20171102085632p:plain

 幼稚園児相手に見事に決まるダイヤさんの「ぶっぶーですわ」ダイヤさんのこの口癖って普通に叱ったら泣き出すルビィをなんとか窘めようとするうちに編み出されたものなのかもしれませんね。ルビィ今でも幼稚園児と同レベルで泣き喚いてるし。

 「私は私でしかないのですね」というダイヤに千歌は「これからもちゃんとしたダイヤさんでいてください」と言います。仲良くなるために自分を変えようとしたダイヤに対して千歌はちゃんとしたダイヤさんが大好きだから、尊敬しているからずっとそのままでいてほしいと言います。1期のみんなのエピソードのように、2期でもラブライブサンシャインは、ダイヤの物語もまた、変わるのではなく自分を受け入れていく物語なのです。

 ちゃんとしたダイヤさんのことが大好きだからこそ、大好きなダイヤさんの願いを叶えるために、みんなは「せーの」と前置きをしなければならない程度にはぎこちないながらも「ダイヤちゃん」と呼ぶのです。

 「勇気を出してみてほんとは怖いよ僕だって最初からできたわけじゃないよ」というエンディングの歌詞が、ダイヤに非常にマッチしています。小さい頃は果南さんの背中にくっついてピギピギ言っていたけれど今では立派な生徒会長のちゃんとしたダイヤ。最高の笑顔を見せてくれるのはもちろん……

f:id:konohachanjp:20171102092137p:plain

 だいやっ…ヨーソロー!君かよ。どうやらサンシャインは担当回とEDの担当メンバーは関係ないようですね。

 ダイヤがごまかすときの癖ということでAqoursの名付け親のシーンを見返してきました。

f:id:konohachanjp:20171102092612p:plain

 ホクロかいてねえじゃん。

 ルビィが泣くシーンは幼稚園児と同レベルだなんだと散々な言われようでしたね。でもみんなもあるよね?泣き喚いて仕事も何もかも放り出したくなることって……

f:id:konohachanjp:20171102092928p:plain

 このシーン、善子が子供を泣かしたのにかこつけてルビィが仕事を放り出してそれにかこつけて花丸も仕事を放り出したと思うとより地獄ですね。ルビィ涙の描写はないし実はこれ泣き真似なんじゃないですかね?うっすらと涙を浮かべながらもホクロをかいてごまかすダイヤと泣き喚くルビィの対比がまた愛おしいです。