三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

ラブライブはインド映画なのか?ラブライバーに薦めたいインド映画五選

  視聴者の脳を破壊する衝撃の内容でラブライブはインド映画なのでは?との言説が飛び交うラブライブサンシャイン2期3話。どうせそんなこと言ってるラブライバーたちもインド映画なんてみたことないだろう。そこで今回はラブライブがインド映画なのか検証しつつ俺のオススメのインド映画を紹介していくぞ。

 ネタバレを気にせず紹介していくのでラブライブ最新話を視聴前にうっかりツイッターを開いてしまって「ええっ!?アライズは地方大会決勝でも同じ曲使いまわして負けるのかよ!?」とネタバレを食らったときみたいな気分になるようなネタバレかますかもしれないのでネタバレ気にする派のラブライバーは注意。あと動画貼りまくってるからスマホから見るとたぶん結構重いぞ!

 気にしない人は続きを読むからどうぞ。続きを読まない人も「きっとうまくいく」だけは一度見てみてくれ!

 前置き

 とりあえず面白いインド映画が知りたいから前置きなんていらないってひとはここは飛ばしてくれ。クリックひとつで飛ばせればいいけど俺はやり方がわからないので適当にスクロールしてほしい。

 ちなみに俺はずっと前からラブライブはインド映画だって主張していたぞ。

 

 俺がインド映画を見まくったのは2年以上前だから結構うろ覚え。なのでちょいちょい間違った知識で話をすると思う。

 さて、インド映画のイメージと言えば「唐突に踊りだす」「B級」「やたら長い」こんなところだろう。やたら長いってことを知ってるのは実際にインド映画を見たことがある人かな?このイメージを定着させたのは昔流行ったムトゥ 踊るマハラジャだろう。まあ踊るマハラジャに関してはこれだけ見ておけば十分だ。最近だと「インド映画は現実逃避の手段から変わらなければならない」なんて言って踊らないインド映画を作った監督もいた。

www.youtube.com

 いかにもインドっぽい音楽とチャチすぎる合成、なぜか増えて行く一般ダンサー、これを見てるだけでなんかもうインドカレーのスパイシーな香りが漂ってくる。この大人数で踊る感じ、少なくともSUNNY DAY SONGがインド映画の影響を受けていることは間違いないだろう。ちなみにこの曲、実は歌詞がインド哲学を思わせる深い内容になっているので気になる人はぐぐるなり借りるなりするといいだろう。この映画、有名な割りに置いてあるレンタルビデオ屋が少なくて俺はコレを見るためにレンタルビデオ屋を7軒回るハメになったぞ。

 ①唐突に踊りだす

Image result for ススメトゥモロウ

 インド映画は唐突に踊りだす。本当かどうかは知らないがインドではダンスシーンを入れないとスポンサーが首を縦に振らない、なんて話すらある。

 これにはインドでは映画は庶民の娯楽である、というのが関係しているようだ。エンターテイメントにはワーッと盛り上がる視覚的な楽しさが不可欠なのだ。

 実際ダンスシーンがあると飽きないよね。ラブライブ劇場版も挿入歌が6曲もあったおかげで俺も13回劇場に通っても飽きずに見られたし。

 ②B級

 Image result for 果南 トロッコ

  インド映画と言えばB級。これもインド映画が庶民の娯楽というのと関係がある。インド映画を見に来る人は楽しい夢のような時間を求めているのである。緻密な伏線や論理的整合性などというものはインテリのためのものだ。わかりやすい喜怒哀楽、勧善懲悪こそが求められているのだ。

 我々脳髄の腐った萌え豚ラブライバーも一瞬のエモをこそ求めてラブライブを見ている。だから無粋なのだ、バスが間に合わないなら車で送ってもらえばいいじゃない、などという突っ込みは。彼女たちが全力で走った末に起こったキセキ、君のこころは輝いてるかい?のイントロが流れ始めたその瞬間、我々は涙を流しながら頭でUOを叩き割り、テレビの前で叫ぶのだ、「わっしょい、ときめきオーライ!」と。

 ③長い

 

f:id:konohachanjp:20171023083100p:plain

 インド映画は長い。短くても2時間半、長いと3時間くらいある。どれくらい長いって途中で休憩が入るくらい長い。これもインド映画が庶民の娯楽だというのと関係がある。インドは暑い。映画館はエアコンが効いている。1枚のチケットで長くエアコンの効いた空間にいられるということも重要なのだ。

 だいたいインド映画が長い長いっていうけど映画通大好きマーベル映画だって大概長いぞ。アレも2時間半くらいあるぞ。俺は毎回パワーストーンの解説する辺りで意識が薄くなってきてアイアンマンとキャプテンアメリカが喧嘩する辺りで目が覚める。スパイダーマン ホームカミングの吹き替え版では高海千歌役の伊波杏樹さんが声を当てている。ラブライバー諸君は見よう。

 さて、本場インドでは歓声をあげたりクラッカーを鳴らしたり紙吹雪を撒いたり、果てはダンスシーンに合わせて踊る、なんてこともOKだ。(これをマサラ上映なんて言うらしい)ラブライブ劇場版で行われた応援上映もインド映画に影響を受けていることは間違いないだろう。

f:id:konohachanjp:20171023084057p:plain

 

 前置きが非常に長くなったけどここからは俺のオススメのインド映画を紹介していきたい。インド映画は本当に楽しいぞ!

 

ロボット

www.youtube.com

 制作費を喧伝する割りに明らかに映像がチープだぞ。恋に敗れたロボットがコントロール不能の大暴走!ロボットが大量に合体して巨大ロボットになる。ベイマックスにでてきたアレみたいなのを顔の濃いおっさんがやる。ラスト40分が濃すぎる。40分間クライマックス。

www.youtube.com

 5分間のダンスシーンだけで胃もたれがしてくる。映像の破壊力がすごすぎる。でも3時間予告編レベルの濃い展開が続くやべえ映画。

 

きっとうまくいく

www.youtube.com

 ロボットがB級映画マニアに薦められる映画ならこちらは万人に薦められる笑って泣ける青春ストーリー。実は学歴至上主義に切り込むちょっと重いストーリーだったりする。受験や就活で塞ぎ込んだ経験のある人だったら見ててキツくなるレベルかも。でも最後はちゃんとハッピーエンド。そこはインド映画の持つ底なしのエネルギー。

www.youtube.com

 これなんか見てるだけで楽しくなってくる。みんなこの作品だけでもぜひとも見てほしい。同じ監督が作ったPKって映画もオススメ。

 

クリッシュ

 

www.youtube.com

 インドが産んだヒーロー映画。主役がとんでもないマッチョ。ビルがドカドカ割れる。どこまでもド派手な映像にしなきゃ気が済まんのか。クリッシュを称える像の前で人々が踊りだしたりする。

 主人公の名前がクリッシュって言うんだけどクリッシュは自分が助けた相手に自分の衣装の切れ端をプレゼントする。それで「君もクリッシュだ」って言う。カッコイイ。

 で、悪役がクリッシュを殺した後に「クリッシュは死んだ!」って言いながら街に現れる。それに対して人々が腕に巻きつけたクリッシュの切れ端を掲げながらこう返す「クリッシュは思想よ」

 クリッシュは正義の心。だから彼が死んでも正義の心が生きている限りクリッシュは死んでなどいない。私たちの心のなかにクリッシュはある。クール。そこに思想という言葉を使う辺りにインド哲学の深みを感じる。

 ところで切れ端を掲げるといえばラブライバーなら連想するものがあるよね。

f:id:konohachanjp:20171023092843p:plain

 そう、ラブライバー諸君なら当然買っているであろうこれ。クリッシュが死んでも思想はわたしたちの中にある。離れていても想いはひとつ。言い逃れできないレベルでオマージュ。

 ちなみにこのクリッシュ、TSUTAYA限定レンタル。GEOでは借りられない。ラブライバーなら恥ずかしがらずにラブライブTカードを店員さんに出してクリッシュを借りよう。

 

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

www.youtube.com

 インド映画の豪華俳優陣が揃った映画らしい。つってもマニアじゃなきゃシャー・ルク・カーンラジニ・カーントくらいしか知らんと思うぞ。主演が顔の濃いおっさんならラジニ・カーント。顔の濃いにいちゃんならシャー・ルク・カーンって思えておけば間違いない。

パッケージがヤバイ。

f:id:konohachanjp:20171023094942p:plain

 音楽がなんかいい。なんかいいからついサントラを買ってしまった。

f:id:konohachanjp:20171023094740j:plain

f:id:konohachanjp:20171023094800j:plain

明らかにヤベエ代物だ、これ。

 「ハッピーじゃなきゃエンドじゃない」はインド映画屈指の名言。ラブライブの毎回毎回強引にハッピーエンドに持っていく最終回もこのセリフの影響が強く伺える。

 

バーフバリ

www.youtube.com

 壮大なスペクタクル映画。予告編を見ただけでわかる、今までのインド映画とは金のかかり方が違う。でもやっぱり踊る。新宿ピカデリーでは応援上映もやってた。続編の日本公開も既に決まっている。公開前にこれを見て予習しよう。

 予告編でちらっと映っていたとおり、雪山を丸太で滑り降りるシーンがある。論理派ラブライバーが顔をしかめるシーン、吹雪とトロッコの悪夢的融合。しかもなぜか雪山なのに半袖。

 

 

 2期2話で花丸が「無」と言っていましたね。「ゼロ」を発明した国インドの影響を強く受けていると言わざるを得ないでしょう。しかも花丸は寺生まれ。仏教と言えばインド発。

 

花丸役の高槻かなこさんもインドカレーについて言及しています。これでラブライブがインド映画の影響を受けていないと言う方が難しいのではないでしょうか。

 

おまけ あなたがいてこそ

www.youtube.com

 一時期ツイッターでも話題になってた作品。車を避けて踊るのは完全にススメ→トゥモロウ