三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

夢のかたちはいろいろあるんだろう(ラブライブサンシャイン6話感想)

 第6話、「夢で夜空を照らしたい」が披露された回、千歌ちゃんがここから始められるんだと気づいた回、そしてアクアがミューズとは違う夢に向かい始めた最初の回でもあります。

 

 「届かない星だとしても」の歌詞に”憧れるって素敵だね とにかく全部真似したい”とありましたが、ミューズに憧れた千歌ちゃんが真似しようとしたのが「ユメノトビラ」でした。梨子ちゃんにもユメノトビラの歌詞をそのまま全部書き写して渡しています。

 そんな千歌ちゃんが書いた夢で夜空を照らしたいの歌詞には「それは階段なのか それとも扉か 確かめたい夢に出会えてよかったねって呟いたよ」とあります。ミューズに憧れてとにかく全部真似したかった千歌ちゃんがユメノトビラから階段へと一歩を踏み出すとまではいかなくても自分だけの夢の形を確かめたいと願いを込めた曲で、心の中で助けてと叫んでた何もない普通星人の千歌ちゃんがここから始められるんだと自信を持てた、その想いを込めた曲なのです。

 デビューの君ここから大サビがダブルセンターで、1話の挿入歌でも歌い出しでインパクトを与えてきた穂乃果ちゃんと違い”一緒にだったら”飛べるかなと歌っていた千歌ちゃんが初めて大サビで主人公らしくソロを披露したのがこの曲でもあります。

 千歌ちゃんにとって大切な曲だからこそ東京のイベントで披露したのもこの曲だったのでしょう。地方から来た新米のスクールアイドルが披露するのだったらダイスキだったらダイジョウブの方が票を集められたはずです。”知らないことばかり 何もかもが それでも期待で胸熱いよ 温度差なんて吹き飛ばしちゃえって”なんて曲の方が応援してあげたくなるでしょう。それでも千歌ちゃんは自分が自信を持てた曲だから、自分が生まれ育った景色を、”波が映した星の輝き 遠い憧れの色”をなくしちゃいけないから、みんなにも知ってほしかったからあえてこの曲を選んだのだと思うのです。

 夢のかたちはいろいろあるんだろう、トビラだったり階段だったり……2番の歌詞には”これは約束 それとも祈り”というフレーズが出てきます。何かに誘われてもずっと断り続けてきた曜ちゃんと初めて部活の申請用紙という形で交わした約束、心の中で助けてと叫んでた千歌ちゃんの祈りに応えるかのように現れた梨子ちゃんという奇跡。千歌ちゃんの夢のかたちは”約束”、”祈り”という形にもなるのです。この時点での千歌ちゃんの、ミューズの真似をすることから変わり始めたかもしれない千歌ちゃんの夢が詰め込まれた曲です。

 

 そういえばこの回にハンディカメラで撮影する場面がありましたが、無印で希が撮影していたときにはあった手ブレの描写がありませんでしたね。撮影者の曜ちゃんのスペックの高さがここからもうかがえます。

 

2/20追記 夢で「夜空を」照らしたいというタイトル、単純に灯籠流しだから夜なのかもしれませんが斜陽を通り越して夜を迎えた街並み(果南ちゃんの言葉なら少子化で人がいなくなってどうしようもない)、そんな街を自分たちの夢でもう一度輝かせたい。ここから始められるんだ、消しちゃいけないんだという祈りが込められているのかもしれませんね。ちょうど太宰治の斜陽の聖地ですし。