三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

成長しないサンシャイン、渡辺曜は声を失ったまま(ラブライブサンシャイン11話感想)

 こんなネガティブなタイトルにしましたがラブライブサンシャインって決して成長物語ではないと思うんですよ。成長しないっていうのは言い換えれば自分のダメなところを受け入れるということ。この点で特にわかりやすいのが津島善子。特に顕著なのが国木田花丸。

 

 善子はいわゆる中二病な女の子。堕天使ヨハネとしての自分を捨てたいと思っていた。でもこのヨハネってやつが曲者でタダの中二病じゃない。とにかくヨハネは空気が読めないんですよ。ダイヤさんが過去の話をしてくれるってところで天界がどうとか言い出す。善子ちゃん自身もヨハネが空気読めない奴だってわかっていたんでしょうね。だから天使への憧れまで全部切り捨ててヨハネを捨てようとした。だから千歌ちゃんの「嫌だったら嫌だって言う!」って言葉を聞いてアクアに加入するんですね。嫌だったら嫌だって言ってくれる千歌、ヨハネが出てきたら口を塞いでくれる花丸がいるからこそ善子は空気の読めないヨハネを憧れと一緒に捨てずに済んだんですよ。

 花丸はみんなで叶える物語であるスクールアイドルは好きだけどアイドルに向いてないって思い込んでいる、というかそもそもアイドルに興味自体がなさそうなんですよね。

konohachanjp.hatenablog.com

まあそのことについては以前にも書いたので。「できるかどうかじゃない、やりたいかどうかだよ」って言葉にアイドルはできないけどルビィと一緒にはいたい自分を肯定されたから花丸は加入するんですね。しかし花丸はアイドルらしい行動を心がけようって努力すら全く見られないんですよね。心を許した仲間内だからなのか「ずら」も4話以前よりむしろ多く言うようになってるし画面に映ればいつも何かを食ってる(一応言い訳しておくと僕はマルちゃんのこと大好きです)まあとにかく花丸も善子もスクールアイドルになるのをためらっていた以前より要因がひどくなってる。

 あともう一人言及しておきたいのが梨子ちゃんですね。彼女は自分のピアノを好きになれなかったから逃げ道としてスクールアイドルを始めたんですよね。結果彼女は自分のピアノを好きになれた。だからアクアよりピアノの大会を選んだ。というか千歌ちゃんは梨子ちゃんを送り出した。成長した人間はアクアを去るんですね(まあこれはかなりこじつけですが)

 さて、前置きが長~くなりましたが11話の感想です。今回成長しなかったのは誰かという話なんですよね。今回成長しなかったのは曜ちゃんというか千歌ちゃんというか曜ちゃんと千歌ちゃんの関係性というか(わざわざ1話に出てきた入部届を引っ張りだして1話と対比させてきます)まあここからは自分の中でも全然整理できてないのでダラダラと。

 千歌ちゃんは1話で曜ちゃんを自分から誘うことができなかった。「曜ちゃんが水泳部じゃなければ誘ってたのになあ」と言っています。対して11話では「曜ちゃんは自分のステップで踊った方がいい、合わせるんじゃなくて」って言っています。これってどっちも何でも要領よくこなせる天才の曜ちゃんを普通星人の自分に付き合わせたくないってことなんですよね。ずっと曜ちゃんの誘いを断ってきた罪悪感も自分を曜ちゃんより下に置く要因のひとつなのでしょうが。

 対して曜ちゃんは自分から想いをぶつけることができない子です。1話でも千歌ちゃんが本気かどうかを何度か確かめてから入部届に名前を書いています。曜ちゃんの方も今まで何かに誘っても断られ続けたからだんだんと突っつくようなコミュニケーションの取り方になってきたのでしょうね。今回も相変わらず自分の想いを自分からぶつけることができません。曜ちゃんと千歌ちゃんが抱き合えたのも梨子ちゃんが取り持ってくれたからだし千歌ちゃんの方から会いに来てくれたからなんですよね。曜ちゃんが本音を漏らせた相手も少し距離のある鞠莉と嫉妬の対象である梨子ちゃんです。

 曜ちゃんと千歌ちゃんの関係にしても抱き合ってグっと距離が近くなったように見えるけどこの二人が抱き合うってのも1話ですでにやっていることなんですよね。それこそ「1から作りなおそう、私と曜ちゃんの2人で」に過ぎない。進展があったわけではなく梨子ちゃんが入ってきてみんなが入ってきて遠くなった距離が抱き合うくらいに戻ったに過ぎない。

 曜ちゃんの中の千歌ちゃんと千歌ちゃん自身の自己評価、「本気を出せばすごいやつ」と「普通星の普通星人」。千歌ちゃんの中のなんでもそつなくこなせる曜ちゃんと曜ちゃん自身の私はみんなにそう思い込まれてるだけだというズレもそのままになっています。

 そんな曜ちゃんと千歌ちゃんの回で「想いよひとつになれ」なんてタイトルの曲を歌えたのは互いが互いを大事に想っているから。繋いでくれる梨子ちゃんがいるから。ズレたままの曜ちゃんと千歌ちゃんも肯定してサンシャインは進んでいくのです。

 ……で話を終わらせるつもりだったんですが本当にこれでいいんですかね。自分で書いてるうちに不安になってきました。だってエンディングこの流れなら曜ちゃんと千歌ちゃんで歌う流れなのに曜ソロだし。友情曜ソロ。一人で「ユメ語るよりユメ歌う」曜ちゃん。なんにせよあと2話で終わりだと思うと寂しい。

 

 11/7 追記 エンディングが曜ちゃんソロだったことに関しては11話で最後にひとりだった曜ちゃんを迎え入れて12話はみんなで最初から最後まで斉唱するという解釈です。12話見た後だと。