三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

眠りゆく町並み(ラブライブサンシャインの聖地、沼津に行ってきました後編)

前編はこちら

konohachanjp.hatenablog.com

続きを読む

消え行く風景の美しさ(ラブライブサンシャインの聖地、沼津に行ってきました前編)

 アニメも終わったことだしいよいよ沼津に聖地巡礼に行ってきました。ほんとはアニメが始まる前には行こうと思ってたのに気づいたらこんな時期に。沼津から内浦の風景を見た感想、一言で表すなら「いかにもラブライブの原案者が好きそうな風景だなあ」という感じでした。 

 ラブライブの特にSIDって再開発によって消えてゆく神田の町並みとそれに抗おうとする女の子たち、その一瞬の煌きみたいなお話だったと思うんです。沼津は街そのものからもうそんな雰囲気を感じました。眠るように静かに消えていく町並み。

続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!感想

 13話の感想書いたときに全体の感想も書きたいって言ってから2週間以上放置、ついに全体の感想を書くことにしました。普段はタイトルを先に考えてからそれに合わせて内容を考えているのですが今回は特段思いつかなかったのでこんなタイトルに。というか全体を通して感じたことが11話の感想で書いたことそのまんまなんですよね。もう既に書いちゃってるんですよ。なので今回の感想も11話のときと同じようなことばかり言うことになりそうです。

続きを読む

自由に駆け抜けたAqours、ライブ前のミュージカル(ラブライブサンシャイン13話感想)

 ラブライブサンシャイン、ついに終わってしまいました。このブログの記事もほぼサンシャインに関することだけでしたからね。とてもさびしいです。どこで見たかは忘れたんですけど「Aqoursの夏」ってキャッチコピーが大好きだったんですよ。夏が終わってしまった……。夏、終わらないで。

続きを読む

剥がされたポスター、高海千歌の夢(ラブライブサンシャイン12話感想)

 12話のラストでポスターが剥がされていたことについていろいろ言われていたのでまあそのことについて考えと言うか感想を。

 僕はサンシャインがアニメ化される前の曲のなかだと「届かない星だとしても」が一番好きなんですけど千歌ちゃんにとってミューズってのはまさにこの曲の歌詞のようなものだと思うんですよ。「憧れるって素敵だね、とにかく全部真似したい」なんですよ。1話でもスノハレの穂乃果ちゃんの真似をしているし3話でもユメノトビラの歌詞を梨子ちゃんに渡してこんな曲を作りたいって言っているんですね。

続きを読む

「変われ今日から」と声を張り上げる普通星人高海千歌(決めたよHand in Handの感想とか)

 決めたよHand in Hand,ラブライブサンシャインの1stが発売されてから1年弱、アニメ11話まで放送された9/14日時点だとラブライブサンシャインの曲の中で僕がダントツで好きな曲です。とにかくテンションが高い!歌声がすごく元気!歌い方にここまで感情を込められる千歌ちゃんの中の人がすごい!みんな無限リピートしてくれって感じです。この曲が流れ始めるまえにテロップを流しきってノンテロップでダンスを見せてくれるくらいの気合のいれようですからね。ところでこの曲みんなはなんて略してるんですかね。僕はとりあえず「決めたよ」で行こうと思いますが。

続きを読む

成長しないサンシャイン、渡辺曜は声を失ったまま(ラブライブサンシャイン11話感想)

 こんなネガティブなタイトルにしましたがラブライブサンシャインって決して成長物語ではないと思うんですよ。成長しないっていうのは言い換えれば自分のダメなところを受け入れるということ。この点で特にわかりやすいのが津島善子。特に顕著なのが国木田花丸。

続きを読む