三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。  ツイッター→https://twitter.com/konoha_chan_jp

HAPPY PARTY TRAINのMVの感想とか

 HPTのMVをやっと見ました。CDを発売された週には買っていたのですがブルーレイ再生機が壊れていたので見られず発売から一ヶ月近く経ってやっと見られることに。

 恋アクのいわゆるヨーソロードに続いて今回も最後のサビに光が伸びていましたがこれはAqoursのナンバリング曲の定番になっていくのでしょうか。

 アニメの設定からの逆輸入が結構見られましたね。読書の秋より食欲の秋な花丸。G'sでは絵描きが趣味だった梨子が今回は作曲していたりひたむきに練習に取り組むルビィなど。

 MVのストーリーはラブライブのMVとしては珍しくストーリーが非常にわかりづらかったのですが時間にまつわるものが多く出てきていましたね。秋から冬、春へと移り変わる景色。子供時代のAqoursのメンバー。最後のサビの星空は一晩かけて撮った軌跡写真のようになっています。廃駅が舞台になっていることを考えると「その記憶に残してほしい。この街に私たちの学校があったこと」というG'sのサンシャインのストーリーのプロローグとつながるのかもしれません。サビに突入するときに輝き始める廃駅。廃校が決定した学校で自分たちがいた証を残したいと輝こうとするAqours

 学校がなくなってとおくの駅へひとりで行くときがきたとしても思い出をくちずさんでHAPPY PARTY TRAIN 。そんなストーリーなのかも。

 僕たちはひとつの光とのつながりをツイッター上で指摘されているのをけっこう見かけました。「受けとったよ次の夢を」というフレーズから感じますしメンバーのアップで背景がそのメンバーのイメージカラーに光るところは共通点です。

 僕たちはひとつの光は「今が最高!」ととにかく”今”なのに対し、HAPPY PARTY TRAINは時の流れを感じさせる上に人生というワードまで出てきます。おしまいにすることを自分たちで決めたμ'sに対し、廃校も、スクールアイドルが限られた時間の中で輝くものだということも最初から決まっているAqoursということでしょうか。僕たちはひとつの光は夜から昼だったのに対してHAPPY PARTY TRAINは昼から夜でしたね。

 電車が空を飛ぶのは銀河鉄道の夜っぽいですが、ジョパンニは遠いところに旅立ってしまったのに対して果南ちゃんは帰ってきましたね。今はまだひとりで旅立つときではないでしょうか。まだ旅立つときは先なのにそのときを意識しなければならないのがAqoursなんですよね。

 練習を頑張るルビィちゃんがとにかく可愛かったです。ルビィちゃんのソロパートが可愛い。ルビィちゃんが可愛い。ルビィ推しになりそう。ジャケットでは黒澤姉妹が抱き合っています。デュオ曲も出ますしこのまま黒澤姉妹が推されていくのでしょうか。ふたりのキモチの回が好きな私としてはなんとも微妙な心境です。

 ずっとひとりだった花丸とお姉ちゃんがアイドルを嫌いになってしまい、ひとりになってしまったルビィ。ひとりぼっちだったふたりが出会い、互いを自分のことよりも大切に思うようになる。そんなふたりの関係が大好きで、ふたりのキモチがブログを定期的に書くきっかけにもなったのでこのふたりの絡みがもっと増えると嬉しいのですが……。

 

想いよひとつになれについて感じたことをいろいろと(Aqours1stライブの感想とか)

 想いよひとつになれ、アニメのラブライブサンシャインの11話で披露された曲であり1stライブでも大変話題になった曲でもあります。

続きを読む

夢のかたちはいろいろあるんだろう(ラブライブサンシャイン6話感想)

 第6話、「夢で夜空を照らしたい」が披露された回、千歌ちゃんがここから始められるんだと気づいた回、そしてアクアがミューズとは違う夢に向かい始めた最初の回でもあります。

続きを読む

0(ゼロ)-week-oldへ向かう革命の訪問者(プリパラ2期感想)

 ブログでプリパラの話をすることはまだ2回目です。なのであらかじめ断っておくと僕の好きなキャラはそふぃ、ファルル、ひびきです。なので今回の記事は思いっきりひびきとボーカルドール、それから天才チームに肩入れした内容になると思います。それと今回は2期の感想ですが僕は120話まで視聴済みの状態で、もっと具体的なことを言うとトリコロールの誓いの儀まで見た状態で2期の内容を振り返っています。

 プリパラ2期、僕は当時はリアルタイムで追いかけてはいなかったのですがツイッター上で大層大荒れしていたことは覚えています。僕も実際に後になってDVDで見たらかなりモヤモヤしました。このモヤモヤした要因って大きく2つあったと思うんですよ。「努力と天才」、それから「人間とボーカルドール」です。

続きを読む

世界樹の迷宮5の感想とか

 世界樹の迷宮5、裏ボスまで倒したので感想を書いておこうと。

 世界樹の迷宮シリーズの売りといえば歯ごたえのある難易度(というかハッキリ言ってマゾゲー)と自由なキャラメイクだと思います。世界樹5もさすが世界樹シリーズだけあってなかなかに楽しめたのですが歴代シリーズと比べると少し微妙に感じます。ただ裏ボスまで倒してブラニー縛りで2週目を始める程度にはドッブリはまりました。

続きを読む

世界樹の迷宮5、裏ボスを撃破しました。

 引退なし全員99レベルの石塔絞りからの三途渡しとそれだけだと戦法としてあんまりなので引退あり全員99レベルの2パターンで。

 三途渡しパーティの方から紹介していきます。

続きを読む

不動の6位、普通星人(サンシャイン3rd総選挙の結果を受けて、それから千歌ちゃんの髪留めについて)

 まずは松浦果南さん、1位おめでとうございます。果南ちゃんのイメージ自体がかなり恋になりたいAQUARIUMに近いのでどんな曲になるのか全く想像すらつかないですね。3rdシングルの発売が今から楽しみです。

 ちなみに僕は前半は千歌ちゃんの順位をひとつでも上げようと千歌ちゃんに入れていました。後半はこんなに可愛いルビィちゃんが最下位なんて許せない!とルビィちゃんに入れていました。結果的にはどちらも順位的には意味がなかったということになりますね。推しはダイヤさんです。

続きを読む