三つ葉のクローバー

ラブライブ!が好きです。無印の推しは穂乃果、希。サンシャインはダイヤ。新田恵海さんのファンです。

届かないシャイニーだとしても(ラブライブサンシャイン2期10話感想)

f:id:konohachanjp:20171211002934p:plain

 3人の思い出の星座早見盤に涙を流す鞠莉。お嬢様の鞠莉が雑誌の付録みたいなちゃっちい星座盤を大事に取っておいているのは非常に可愛いですね。部屋が殺風景なのは引越しの準備をもう始めているからなんですかね、段ボールっぽいものも見えます。

f:id:konohachanjp:20171211004803p:plain

 黒塗りの高級車で登場する黒澤・鹿野姉妹。黒塗りの高級車だったり勘当って言葉を小さい頃から知ってたりと黒澤家もイロイロと怪しい部分がありますね。ドラマCDではダイヤが「うちはヤクザじゃない」とは言っていましたが。ルビィが小さい頃から怖いおじさんたちに囲まれて育ったと考えれば男の人が苦手なのも納得行っちゃいますね。

f:id:konohachanjp:20171211005635p:plain

「あんなに喧嘩したのに、相変わらずですわね」結局相談せずに自分のことは自分で決めてしまう3人。でもそれでいいのだと、ここのハグは1期9話のハグとはまた違う意味を持っているのでしょう。

 ちなみにこのシーンで使われているトンネル、現実の淡島だと電飾が付かなくなっている箇所があったり中に閉店したレストランがあったりします。半ば廃墟と化しているトンネルでもう叶うことのない願いを口にする鞠莉の姿には、何とも言えない寂しげなロマンがありますね。

 

 ラブライブサンシャインは、成長していくのではなくキャラが自分の欠点まで含めて自分の個性なのだと自信を肯定していく物語だと私は思っています。もちろん欠点を受け入れて自信を肯定することは成長だと思いますし、欠点を克服してなかったことにしてしまったらそれはむしろキャラの個性を殺されたように感じてしまいます。

 

 1期だと梨子ちゃんのストーリーがわかりやすかったと思います。梨子は自分が書いた曲、海に還るものを、そして自分自身をどうしても好きになれませんでした。梨子は過去の自分を乗り越えて新しい曲を書いたわけではありません。「素敵だね」と言ってくれた千歌ちゃんがいたから、梨子は自分が好きになれなかった自分自身を好きになることができ、かつて演奏できなかった海に還るものを演奏してコンクールで賞を取ることができたのです。

 

 2期ではルビィがそうでした。ダイヤはひとりで考えてスクールアイドルをやることを決めたのが嬉しかったと言っていましたが、ルビィはひとりでスクールアイドルをやることを決意したわけではありません。そこには影で動き、背中を押してくれた花丸ちゃんがいました。函館でのお姉ちゃんへのプレゼントも、花丸ちゃんと善子ちゃんに理亜ちゃん、そして何よりずっと勇気をくれていたお姉ちゃんがいたからこそ成功したのです。気弱なルビィは、お姉ちゃんが望むようにひとりの力で進んでいくようになれたわけではありませんが、みんなの力を借りながら少しずつ進んでいくのです。

f:id:konohachanjp:20171211013226p:plain

 HAPPY PARTY TRAINを思わせるシーン。「だからもう行かなくちゃひとりでも行かなくちゃ思い出を口ずさんで」シルエットは3年生3人だけ。

 HPTの空を飛ぶシーンは銀河鉄道の夜を思わせるものでした。銀河鉄道の夜は同乗者を変えながら空の旅を続ける物語でした。学校というものも、生徒が毎年入れ替わっていきながらも存在が続いていくものです。

 3人だけで旅を続けるバスと存続する浦の星。どちらも小原鞠莉が望んで叶わなかったものが夢として現れているシーンなのです。

 

f:id:konohachanjp:20171211015056p:plain

「この雨だって全部流れ落ちたら、必ず、星が見えるよ。だから、晴れるまで、もっと、もっと、遊ぼう」届かない星に手を伸ばす未熟DREAMERたち。

 果たして彼女たちは星に願いを届けることができたのでしょうか。私は彼女たちが見た流れ星は夢の中で見たものなのではないかと思っています。星座盤に果南が描いた星は見えない星の代わりに願いをかけるためのもの。本物の流れ星が見えたのなら、そこに8個の星を描き足す必要などないのだから。

f:id:konohachanjp:20171211015301p:plain

 廃校阻止、そしてずっと一緒にいる3人。決して叶うことのない願いのために足掻き、涙を流す鞠莉。涙が全部流れ落ちた先のシャイニーを探す彼女こそが、学校がなくなっても存在した証を残そうとするAqours,μ'sとは違うサンシャインの「みんなで叶える物語」のもうひとりの主人公と言えるのではないでしょうか。

 

「見つかりますように、輝きが、私たちだけの輝きが、見つかりますように」

f:id:konohachanjp:20171211020644p:plain

 7話以降の千歌からは、どうにも普通星人なんだか本物の怪獣になったのか、輝きが見つかったのか見つけられないのか宙ぶらりんな印象を受けてしまいますね。今回の空に手を伸ばしながら言ったセリフは文句なしに大好きなのですが。1話で「泣かない!」と言っていた千歌が「全部流れ落ちたらきっと星が見えるよ」と雲に隠れて見えない輝きに手を伸ばすシーンはサンシャインを通しても屈指の名シーンだと思います。

ラブライブサンシャイン2期9話感想

f:id:konohachanjp:20171209082049p:plain

 アバン、「貴女がいたから……」ルビィがいたからラブライブに負けてもこうして姉様に想いを届けることができる。1期最終話のダイヤがいたからまたこうして集まれたとハグする3年生を思わせるシーンですね。

f:id:konohachanjp:20171209082532p:plain

 焼き鳥から口を離して「おもしろそうずら」花丸はルビィちゃんが自分から言い出してくれるのを待っていたんですね。お姉ちゃんのときといい、ルビィの周りにはルビィが自分の力で何かをすることを応援してくれる人がたくさんいるんですね。

 ここでダイヤ回に流れてたBGMが流れるのが姉妹っぽくていいですね。f:id:konohachanjp:20171209083026p:plain

 「私も学校では結構そうだから……」だろうな。いやみんな1期の頃から絶対そうだと思ってたよ。

f:id:konohachanjp:20171209083438p:plain

 いや、コレはアウトでしょ。完全にアレだよね、子離れできない父親みたいなやつ。「ルビィを置いていかないで……」と妹に後ろから抱きつかれたときの内心はいかがなものだったのか。本当は自分が全然妹離れできていないのに妹にひとり立ちしてほしいからと突き放す前回のダイヤさんは本当に立派でしたね。平常運転に戻りつつありますが。

f:id:konohachanjp:20171209084632p:plain

 あ、全員女なんだ。いや、今さら男が出てくるとも思っていなかったけどさ。でもこうやって女の人ばっかずらっと並んでると、なんかこう、やっぱすごいよね。

f:id:konohachanjp:20171209084938p:plain

 このシーン、本で読んだことある!いや、これさ、あの。絶対絵コンテの中に同人誌が紛れ込んでて書いちゃったやつでしょ。黒澤姉妹があんなことやこんなことする同人誌でよく見る展開だぞこれ。

 小さい頃からお姉ちゃんがアイドルを嫌いだったあの2年間までずっと勇気を貰っていたというルビィ。勇気を貰ってきたルビィはお姉ちゃんに衣装を、そして去ろうとするお姉ちゃんに今のAqoursに居場所をあげられるまでに成長しているのです。

f:id:konohachanjp:20171209090122p:plain

 ルビィと理亜が2人で披露したライブはここで、ライブシーンはその後に11人でやったものだったんだね。後でツイッターで見て気付いたよ。すごいねインターネット。インターネットを見れば何でも書いてあるもん。そりゃ誰も自分の頭でなんて何も考えなくなるよ。

 ルビィと理亜のライブを本編では見せてくれないのは、恐らくこれがお姉ちゃんのためだけに行われたライブだからなのでしょう。

 

 新曲は11人の曲。今回の話からすると聖良が作曲したとも思えないのですが、曲調はどことなくSaint Snowっぽいですね。妹もメタラーだったんですかね。メタラーってやっぱり血筋なんですかね。理亜もメタラーの血からは逃れられなかったんですかね。

 理亜がラップというかコールっぽいものを入れている曲ですが、10人目のメンバーがコールを入れるというのが大事なのかもしれませんね。ラブライブ、特にサンシャインにおいては10人目のメンバーと言えばラブライバーですから。観客も一緒に盛り上がれる曲ということでしょう。壁も壊せそうな勢いでハイハイハイ言ってますしね。いやでもラブライバー西武ドームで「アウェイクンザパワーイェー」とか叫んでたらなんかいやだな。

f:id:konohachanjp:20171209091846p:plain

 姉様、スピリチュアルを感じるくらい乳がデカい。ベルクマンの法則か?でも2人のイメージカラーはスカイブルーピュアホワイト。地元愛を感じるカラーリング。

「クリスマスプレゼントだろ!」ひとりのクリスマスのお供にはブレンパワードをどうぞ

 「クリスマスプレゼントだろ!」のセリフで有名なブレンパワードブレンパワードとかいうアニメでいい年した男が「クリスマスプレゼントだろ!」とかママンとか叫び出すということは知っているけど見たことはない、あるいはクリスマスプレゼントだろって言葉は知ってるけど……って人も多いのではないでしょうか。クリスマスプレゼントで検索かけようとすると予測変換で出てきますからね、クリスマスプレゼントだろ

 この作品の魅力を語りたいのですが、思いっきりネタバレするつもりなのでクワトロ・バジーナの正体ってシャア・アズナブルだったのかよ!」みたいなネタバレ食らいたくない人は続きは読まずにブレンパワードを見ましょう。Amazonプライムの見放題で見られます。

続きを読む

ルビィがひとりでたどり着いた答えとみんなで叶える物語(ラブライブサンシャイン2期8話感想)

 ラブライブサンシャイン2期、前回でひとつの山場を迎えた感があったので今回は完全に力を抜いて見ていたのですがしてやられましたね。次回予告でギャグ回と見せかけてシリアスに持っていく展開は1期のシャイ煮はじめましたでもありましたね。

続きを読む

AOMシーズン2がはじまるということでシーズン1の振り返り感想

 基本的にプラス版を読み返した上で書いているのでツイッターアー版とは違うこと書いているかもしれないぞ。ニンジャスレイヤープラスはユカノがブログに「良い」をもらえなくて悩んだりエーリアスがネオサイタマの明らかにヤバそうなメシを食ったりするタノシイなコンテンツなのでみんなも積極的にドネートしよう。

続きを読む

ラブライブサンシャイン2期7話「残された時間」感想

 今回はいろいろとネガティブな感想になりそうだけど悪いとかダメだとか言いたいわけじゃなく「俺は気に食わなかった」と、まあそれだけの話なのであしからず。

続きを読む

普通星人が巻き起こしたキセキの波(ラブライブサンシャイン2期6話感想)

 2期6話、千歌が普通星人という主人公らしからぬ属性に焦点を当てながらも千歌が主人公としての貫禄を見せ付けてくれた、また普通星人の千歌がなぜ主人公なのか、それに答えを出してくれた回でもありました。

続きを読む